在宅ワークのための環境づくりに取り組みました

会社をやめて在宅ワークをすることにしたので、仕事のしやすい環境づくりに勤しんでいます。私の書斎はどうにもとっ散らかっていたし、家具類もあまりよいものを使っていなかったので、作業効率が上がるよう諸々を捨てたり取り替えたりしようと思います。

まず在宅ワークで一番大切なのはパソコンです。これさえあればオフィスに行かずとも仕事ができるのですから便利な時代になったものです。私はデザインの美しさとキーボードタッチの快適さを重視してMacを使用してきましたが、独立を記念して最新のMacを購入しました。処理能力が大幅に向上したので仕事もはかどります。さらにダブルモニターにすることによって、作業上のストレスを大幅に軽減することにも成功しました。見栄えも良くてスペックも高いMacは最高です。

次にデスクを交換しました。これまではUSMのハラーデスクを使っていたのですが、このデスクは名品とはいえ座高が74cmと私には高すぎ、またあありにオフィス系のデザインがあまり好きではありませんでした。せっかく在宅ワークに切り替えたんだから、オフィス気分で仕事をするのは嫌です。そのため、机はウッディ調のオシャレなものに交換です。選んだのは、F031desk 。ピエール・ボランが1950年にデザインした普及のモダニズムです。この机を置くだけで部屋全体がキリリと締まり、おかげで仕事の作業効率はうなぎのぼりです。やはり良い在宅ワーク環境を整えるには机のチョイスが一番大切ですね。この机に合わせる椅子は以前から使っていたヴィトラ社のイプシロンを引き継がせます。何時間座っていても疲れない優れものです。

さらに、本棚を取り替えたり、要らないものを捨てたりしたおかげで、私の部屋は見違えるようになり、なかなか良い仕事場となってきました。良いものだけを置いた部屋なので弛緩するところなく、この部屋にいると気持ちが引き締まります。まさに在宅ワークのために誂えられたような部屋です。これで私の独立生活はうまくやっていけそうな気がしています。