テレビ番組の影響で主婦の副業が認知される

いつだったかは分からないのですが『ひるおび』で主婦の副業の特集が放送されていたようです。知らないという方もいるかもしれませんが、これはテレビ番組の事なんですね。TBSでお昼の月曜日から金曜日に放送されているから、ひるおびと言うのです。

テレビメディアの影響力というのは凄まじい物があって、業界関係者に聞くところによると、この放送があった時には、物凄い数のアクセスが関連サイトに殺到したそうです。そのうちのどれ位の人が実際に主婦の副業を始めたのかはともかく、多くの人達がそういう仕事があると認識した訳です。

だからなんなのかというご意見はもっともですが、そうやって大勢の人が知れば自然とビジネス自体が増えて来るという事になります。何かお金になりそうな事は無いかと考えている人は大勢いるのですが、そのやり方を知らないという事が多いのです。

そこで番組を見て、そうか、主婦をしている女性達にこの仕事をやらせれば効率よく稼げるかもしれないと思うかもしれません。そうなると仕事が増える事になります。お給料がどの様にして決まるのかはおそらくお分かりかと思いますが、需要と供給の違いが大きいのです。人手不足になっている業界は総じて得られる金額も多くなります。今の所、主婦の副業はその様になっているとは言い難いのですが、これから新規にこの業界に飛び込む経営者が増えれば増える程、需要が多くなり、結果としてお給料の方も上がるという事が期待されます。

一方で不安に思うのは働いている人達です。経営者だけがテレビを見ている訳ではありません。一般の主婦層も見ている訳ですから供給側も激増する可能性があります。こうなると仕事の単価が下がる事は避けられないでしょう。今は全体的に報酬額が少なめですから、やり始めても長くは続けない主婦が多いので安心ですが、これから先に賃金の上昇が続くにつれて、その影響も大きくなってくることが予想されます。