主婦の副業でも確定申告が必要になるケースは?

主婦の副業といえば、やはり家の中で出来る事というのが絶対条件ではないのでしょうか。また時間の縛りもなく、好きな時に好きなように働ける副業なら言うことありません。家でも出来る主婦の副業は、必然的にネットを利用したものになってしまいます。

例えば今流行りのチャットレディだったり、アフィリエイト、クラウドソージングなんかも条件に当てはまるでしょう。また手作りの洋服やアクセサリー、家具などをネットショップやオークションで販売するという方法もあります。ただこちらの方法は、売れるものを作る技術やセンスが必要なので、人によっては難しい主婦の副業だと言えます。売れなければ材料費がかかるだけですからね。

主婦の中には上記にあげたような副業が上手くいき、きちんと収益をあげている方もたくさんいらっしゃいます。しかしそんな主婦の副業で忘れてはいけない事が確定申告です。副業であっても収益が一定以上出た場合は、きちんと確定申告をしなければいけません。主婦は主婦でも副業以外に収入のない専業主婦の副業の場合は、年間に38万円以上の収入を副業で得た場合は確定申告をしなければいけません。また他にも収入のある場合は、20万円を超えたら確定申告をする必要があります。しかしこれは、副業で得た収入から必要な経費を差し引いたものになるので注意してください。例えば副業の為の通信費や材料費などは経費とし収入から差し引く事が出来ます。
ですからレシートや明細などはきちんと保管しておく必要があります。

ネットショップなどの運営と違ってオークションやポイントサイトで得た収入は、お小遣い感覚になってしまって確定申告なんて必要ないと思ってしまいがちです。でもアフィリエイトで得た収入もれっきとした副業で得た収入ということになります。今や家で主婦でも可能な副業はたくさんありますから、月に2~3万円以上稼ぐ位なら簡単です。つまり副業を行っている多くの主婦が確定申告をする必要があるという事ですね。