早打ちの能力が高ければ普通のバイトより稼げる

いかに早打ちするのかが在宅ワークでは重要ですね。特にライター系のお仕事はそうだと思います。それも単に速いだけでは駄目で、それなりの正確性が求められるのが大変な所でもあるでしょう。私なんかは昔、ゲームなどで早打ちをしていた経験がありますから、結果として割と稼げているという自負があります。

もし、私はあんまり速く入力できないと悩んでいる場合でも、そんなに心配しなくて大丈夫でしょう。不思議な事に作業をこなし続けていると、文字入力のスピードも速くなって行くんですね。私自身もそうでした。以前から早いとは思っていたのですが、その速度がより向上したという感じなのです。ですので無理をしてタイピング練習ソフトみたいな物を購入して使用する必要はないでしょう。打つ事、それ自体が訓練にもなるという訳です。

在宅ワークではタイピングが重要だと言いましたが、それは稼ぐ時の考え方にも大きな影響を及ぼします。普通、自分は幾ら稼いだのかという事を意識するのではないでしょうか。それが良くない訳ではありませんが、それだと仕事量に差が出来てしまいます。今日は目標の額を達成したからいいやとなってしまいやすいのです。こうなると稼ぎを劇的に多くするのが難しくなります。

出来る限り単価の高い案件を狙ってください。その上で、大切なのは安定した文字数を打ち続けるという事になります。私は最低でも5千文字で、理想としては1万というのを目安にしています。本当に頑張れる人であればこれの3倍以上も十分に可能でしょう。それなりに疲れますが、これくらいになると普通にバイトをするよりもずっと稼げる状態になるはずです。

それに関連して大切なのは在宅ワークで使用するキーボードを大切にしましょうという事です。近くで飲んだり食べたりすると、それが隙間に入り込んで故障の原因となります。こうなれば仕事は一切できなくなるので注意しましょう。少し離れた場所で飲食するのが基本となります。”